恋愛は芸能人をダメにしてしまうのか?

芸能人や有名人は、一般の人からすればどうあるべきなのでしょうか?

一昔前おニャン子クラブや光GENJIなどのアイドルが最高潮の時代、アイドルは清楚、クリーンであるべきというイメージがとても強かったです。

そのため恋愛系の報道は、アイドルとしてやっていくには致命傷になりかねないタブーでした。

故に異性の友達とは言えども2人きりの食事は誤解の報道を招き、ファンにも理解してもらえませんでした。

またテレビの視聴率にも大きな影響を与えるほどの出来事となるので、テレビ局からの出入りを禁止されるコトも珍しいことではありませんでした。

正に恋愛は命がけでした。

ところが『不倫は文化だ』のセリフで話題を集めたプレイボーイとして有名でもある石田純一さんの登場によって、芸能人の恋愛に対してファンの見方も大きく変わったのではないでしょうか。

芸能人も人間であるのだから恋愛するのは普通のことじゃないの、遊びじゃなくて真面目な恋愛なら応援してあげたい、など芸能人の恋愛に対して応援するファンが出てきました。

しかし、それでも芸能人や有名人の恋愛報道は必ずと言っていい程、マスコミが嗅ぎ付けて週刊誌などに情報を載せます。

中にはそれをきっかけに結婚に踏み切る有名人もいますが、中には謝罪会見を開く有名人もいます。

特に恋愛でも浮気や不倫などになると情報も過激になり、中にはコマーシャルが自粛されたりスポンサーの打ち切りなど、それなりの社会的制裁が待っています。

問題なのは、数人や大人数で活動しているグループやユニットのメンバーの恋愛騒動です。

AKB48やモーニング娘、TOKIOなどグループで活動していると、1人の恋愛報道によってグループ全体に波紋が生じるコトもあります。

恋愛は必ずしも人をダメにするものではありません。

逆に恋愛をしたことで、その人の魅力が増すこともあればやる気が出ることもあります。