有名なニコニコ動画出身の配信者の葛藤

ニコニコ動画で長い間、動画を作ったり生放送をしてきた配信者が、動画の再生時間や動画の画質、規制緩和などからYouTubeに活動を広げて、YouTubeでの活動を本格的に始めた配信者が急激に増えました。

ニコニコ動画では動画の再生回数も多く、生配信をするとなれば多くのリスナーが来たニコニコ動画出身の配信者にも関わらず、YouTubeでは動画の再生回数が伸びず、YouTubeでもLiveを始めてもリスナーの数がニコニコ動画までには及ばず、時には長時間Liveをしているのにも関わらず2桁しかリスナーが来ない、という最悪な事態に陥っています。

そのため、多くのニコニコ動画出身者の配信者は頭を抱えています。

ニコニコ動画出身の配信者は、その理由は分かっており、ほとんどの配信者はその理由が一致しています。

その理由とは、YouTubeの年齢層がニコニコ動画の年齢層よりも下、というのがほとんどだからです。

ニコニコ動画では、配信者よりも年齢が上で既婚者、社会に出て働いているヒトというリスナーがほとんどなのです。

一方YouTubeでは、リスナーの年齢層が配信者よりも下もしくは同じ世代というヒトが非常に多く、配信者が見れる情報ではリスナーの多くが女性よりも男性の方が多いのです。

そのためニコニコ動画では評価されていたゲームやゲームジャンルがYouTubeでは受け入れてもらえないのです。

では、逆にYouTubeのリスナーにあわせたゲームにしてしまうと、ニコニコ動画のリスナーが見てくれない可能性が非常に高いのです。

ニコニコ動画のリスナーが見ないということは、配信者のチャンネル登録を解除して、配信者から離れてしまうのです。

そのため、現状ではニコニコ動画出身の配信者は、YouTubeでの新しいリスナーの獲得と今のリスナーを維持する方法との板挟みになっているのです。

そのため多くのニコニコ出身の配信者が、自分がやりたいゲームをできないという状態に陥っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です