ゲームのアバター制作で芸能人を作るのが話題となっている

最近のオンラインゲームでは、アバターを作るコトができます。

しかもそのアバターを作るのが、かなりリアルに作るコトができます。

最近のアバターは目の大きさや鼻の位置、眉の位置や濃さだけでなく、目の深さや顔のシワ、顔のシワの深さ、皮膚の色、顎の大きさや形など、ものすごく細かい所まで作るコトができます。

そのため先日発売された『モンスターハンターワールド』のアバター作りでは、芸能人をアバターで作ると言うことが大きな話題となっています。

作った芸能人のアバターを自分のツイッターやPS4でシェアしたりして、大喜利ともなっています。

『モンスターハンターワールド』のアバターで作られた芸能人の一例を紹介すると、福山雅治さん、志村けんさんが演じていたバカ殿様、マイケルジャクソンさん、お笑い芸人の春日さん、元SMAPの木村拓哉さん、ニコニコ動画で歌い手として活躍している湯毛さん、などがいます。

『モンスターハンターワールド』では、女性のアバターもありますが、日本人の芸能人として人気が高いのは男性の芸能人です。

女性の場合では、海外の人気歌手などが多い様です。

しかしゲームのアバターを作ると言うだけで、芸能人などのアバターを作るコトができるのであれば、犯罪の指名手配者なども手軽にアバターで作るコトができるのかもしれません。

ゲームで手軽に芸能人のアバターが作れる程、ゲームの世界だけでなくアバターの世界も進歩しているのです。

それは正に美容整形外科などで使用されているモデリングにも追いつくのではないかと思える程、そっくりに作り上げていました。

またこれらのアバターからサイバーYouTuberでも芸能人のアバターなどが出回ってしまう恐れもあるかもしれません。

アバターが芸能人だからといってプレイヤーが芸能人ではないので騙されない様に気を付ける必要もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です