芸能人と宗教

つい先日、ある有名ドラマに出演していた芸能人が芸能事務所を突然辞めて、宗教に出家したということで世間の話題を集めていました。

しかし、芸能人と宗教の話題は、コレが初めてというわけではありません。

芸能人に興味がない人はあまり知らないですが、芸能人の多くは宗教活動をしているヒトが多いのです。

そのため、芸能人で宗教活動をしていない無宗教の芸能人に宗教活動をしている有名芸能人からの宗教勧誘を断ったら、芸能界での仕事がなくなってしまった、いままであった仕事が一気になくなってしまったということは日常茶飯事にあることのようです。

しかし逆の場合もあります。

全く売れていない芸能人が、有名芸能人からうちの宗教に入らないかと勧誘されたから人脈作りのために入ったら、その有名芸能人が自分が出る番組と言う番組にゲストで呼んでくれて、仕事もいきなりたくさん来る様になったので、そこそこ名前が売れた芸能人になることができた、というケースもあります。

この場合、宗教勧誘をOKしたら仕事がもらえるとは思わずに単なる人脈作りでそういう計算はしていなかったために、宗教を辞めたいと思っても勧誘してきた芸能人に宗教から抜けたいと言うことができず、ダラダラと宗教に入っていました。

このヒトの場合、宗教とはどういうものかあまり知らず、学校の部活動の様に辞めたいと思ったら気軽に辞めることができる思っていたらしいです。

日本には日本の宗教である仏教がありますが、他にもキリスト教やプロテスタント、創価学会、幸福の科学、PLなどがあります。

他にも色々とありますが、宗教の大きさは大なり小なり違ってきます。

しかし小さいからと言って歴史が浅いわけではありません。

日本で宗教と言えば、地下鉄サリン事件などで注目を集めたオウム真理教があり、現在ではオウム真理教はウルフに名前を変えています。

宗教が必ずしも良いことではないし、悪いことでもありません。

自分の匙加減次第なのです。