子供たちの憧れYouTuberは見えない苦労をしている

小学生のなりたい職業ランキングに入っている『YouTuber(ユーチューバー)』という職業は思っている以上に狭き門となっています。

パソコンが普及してインターネットが繋がって、電話回線から月額定額制のインターネット回線が出て来て、そして動画サイトと呼ばれるものが誕生しました。

動画サイトは今では当たり前の様に老若男女関係なく、色々なヒトが見ている時代なのです。

もちろん動画サイトでも『YouTube』も誕生した頃は配信者も少なければ、見ている人も少なかったのです。

しかし、インターネット人口が爆発的に増えて、配信者が急にワッと沸いたのです。

『YouTuber』と呼ばれているヒトたちの多くは、コンビニの新商品のレビューや新しく発売されたゲームの感想、新しく発売されるiPhoneの予想や販売前夜からの行列並びの動画、開封動画などで再生回数を稼ぎ、利益を得ていたのです。

チャンネルにたくさんの登録者がいて、ひとつの動画の再生回数が多いことで『YouTuber』と呼ばれるヒトたちの収益になるのです。

『YouTuber』成功者とも呼ばれる様なヒトたちは年収で数千万円~億近くまで稼いでいると言われていますが、YouTubeでは動画の収益に関する情報はトップシークレットなので、この『YouTuber』の収入はこれぐらいだろうというのは、あくまでも予想でしかないのです。

小学生などからすれば、朝早くから会社に行って夜遅くまで仕事をして税金をたくさん搾り取られてやりたくない仕事をやっている自分の親や大人よりも、動画の向こう側で自分の好きなことをして、好きなモノを動画にして、自分がやりたい時間にやってたくさんのお金を得ている『YouTuber』の方がカッコ良く見えるし、お金を簡単に稼いでいる様に見えます。

これはあくまでも子供の視点からなので、そう見えても仕方がありません。

実際に家族の中に有名『YouTuber』がいて、『YouTuber』という仕事が本当はどんなものなのか、どれだけひとつの動画に時間を割いているのか、どれだけ編集に時間を使っているのか、1ヶ月間の商品などを購入した金額がいくらくらいなのか、という事実の部分を知りません。

親がサラリーマンをしていたら、サラリーマンってこんな生活をしているんだ、と簡単に分かります。

しかし、今ではそんな気持ちで『YouTuber』を始めたヒトがたくさんいすぎて、リスナーよりも配信者が多いのではないかと言われています。

そうなってしまうと、ひとつのチャンネルの登録者数も減り、動画の再生回数も減ってしまうのです。

もちろんパソコンを使うわけなので、電気代が動画の時間などによっては半端ない金額になってしまいます。

子供たちは、『YouTuber』のそういった見えない苦労を知らないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です