前田健さんの突然の悲報

突然の悲報に驚いた人が多いのではないでしょうか。

松浦あやさんのモノマネやアニメ『プリキュア』のテーマ曲の振り付けとして有名なタレントの前田健さんが突然路上で倒れて、心配停止で病院に搬送されました。

搬送された病院で死亡が確認され、4月25日に前田健さんの悲報が知らされました。

当初、心肺停止で路上に倒れたというニュースでは、多くのファンや関係者が前田健さんの回復を願っていましたが、残念なことにその願いは叶いませんでした。

前田健さんの悲報を知って驚いたのは、若さもあります。

前田健さんは、まだ44歳です。

働き盛りで人生もこれからっと言う時ではないでしょうか。

年配者やお年寄りが心肺停止で倒れたと聞いても、年齢だから仕方がない、と諦めがつくのかもしれませんが、44歳と言う若さの心肺停止は同じ40代の男性にとっては衝撃的です。

しかも、前田健さんは路上で倒れる前に行きつけのお店で食事をしていました。

その食事の状態をTwitter(ツイッター)であげていて、お店から出た数分後から数十分後に意識不明の状態で倒れている所を発見され、スグに119番され病院に搬送されました。

食事の時間も夜中とかではなく、一般家庭で夕食となっている19時前後の出来事です。

前田健さんの心肺停止の速報は、状況や時間帯からして多くの人が不安に感じたのではないでしょうか。

現在の段階では、死因は心不全と言われていますが、どのような状況でそうなってしまったのかは、まだ判明されていません。

持病で不整脈があった、番組の収録で走った際に体長不良を訴えていたなど様々な情報が飛び交っていますが、真相は謎です。

前田健さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。