前代未聞の総選挙での結婚発表

AKB48の総選挙と言えば、ファンだけでなく候補生として学んでいるアイドル志望の子からランキング入りして実際に活動しているアイドルからしても重大なイベントです。

ランキング入りすることができるかできないかで、その1年は大きく変わってくるからです。

ランキング入りすることができればアイドルとしての1歩を踏み出すことができますが、ランキング入りすることができなければメディアなどへの露出が減ってしまうので下積み時代に逆戻りしてしまうかもしれません。

ランキング入りしているからと言って安心できるわけではありません。

将来のアイドル候補生たちが下にはたくさんいるのです。

その候補生たちが、色々と下積みを積むことで大きくランキングの上位を昇ってくるコトも珍しくないのです。

だからこそ上位にいるアイドルたちよりもギリギリでランキングに入っているアイドルたちの方がヒヤヒヤしなくてはいけません。

また今回の総選挙でAKB48のメンバーに入れなくても、ランキングが上がることで1人でも多くのAKB48ファンに自分を知ってもらい、来年の総選挙でのランキング入りできるチャンスをつかむことができるのです。

そんなAKB48の総選挙で前代未聞な出来事が起きてしまったのです。

それは、2017年6月17日に開催された『第9回AKB48選抜総選挙』で20位にランクインした須藤凛々花さん20歳が20位になった歓びの声の後に結婚発表をしたのです。

これにはファンだけでなく、AKB48のメンバーの誰1人も知らなかった出来事だけに会場中が騒然となりました。

それもそのはず。

AKB48グループでは『恋愛禁止』が鉄則のルールだからです。

結婚をするから総選挙を辞退するという発表もしくは、事前に結婚の発表をして総選挙には最初から参加しないのがマナーだったと言っても過言ではないからです。

20位という好成績にも関わらず、グループ内のルールを破った上での結婚発表に誰もが祝福のコメントができないのは当たり前のことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です