芸能人の子供の罪は親が謝罪すべき?

子供が起こしたことは、親がどこまで責任をもつべきなのでしょうか。

芸能人として女優として男優として、アナウンサーとして活躍している有名人はたくさんいます。

映画やドラマの出演だけでなく、CMなどにも出演してスポンサーと契約している有名芸能人と言えばほんの一握りになってしまいます。

ところが、あることが原因で有名な芸能人がメディアの前で謝罪会見をする姿をよくみかけます。

その原因とは、芸能人の子供が何らかの犯罪を犯したことで逮捕されたからです。

子供といっても10代や20歳未満ではなく、30代40代と普通の大人です。

それなのに子供が強姦したことや窃盗したことで、芸能活動している親がメディアの前に出て謝罪を行います。

罪を犯したのなら、罪を犯した張本人が謝罪をしなくては意味がないのに、親だからと言うことで芸能活動をしている親がメディアの前に出て謝罪をすることに本当に意味があるのでしょうか。

10代や20歳未満の子供ならまだしも30代40代ともなれば、社会的常識があり、しても良いことと悪いことの判断ができるハズです。

もしも30代や40代の人間が犯罪を犯した時にそれが全て育てた親の責任になるのでしょうか。

最近の若い親は子供を叱らない、他人に子供が叱られたら逆キレを起こすから恐いと言われてますが、そのように親が子供の罪を見逃していたら親が亡くなるまで子供が犯した罪は親の責任になってしまいます。

身内から犯罪者が出るのは、親が芸能人でなくても誰でも嫌なコトです。

ましてや親がそのような仕事をしているのであれば、子供は親に甘えるのではなく、親に迷惑をかけないようにする必要があるのではないでしょうか。

だからといって親が自分の世間体を子供に押し付けることは間違っています。

親にとって子供は宝物であることは、子供がいる親なら分かるのではないでしょうか。

だからこそ、その宝物が輝きをなくさないようにしてあげるのも親の役目ではないでしょうか。