誰でもユーチューバー扱いにされてしまうYouTube

子供がなりたい職業で上位にランクインしているのが『YouTube(ユーチューブ)』という動画サイトで活躍をする『ユーチューバー』です。

YouTubeに動画を投稿しているヒトのことを基本的に『ユーチューバー』という扱いになります。

動画のジャンルは問わず、新商品のスイーツやフードのレビューをYouTubeでしているヒトのことも『ユーチューバー』と呼び、単にゲームの実況をYouTubeにアップしていて本人的には自分はユーチューバーと思っていないゲーム実況者のこともYouTube上では『ユーチューバー』という扱いになります。

YouTubeで生計を立てるのは、就職活動をして採用された会社で働くよりは楽、と思っているヒトが多い様ですが、それは間違いです。

『ユーチューバー』も相当大変なのです。

動画を初めて投稿してチャンネルを開設したら、1人2人とチャンネル登録者が増えることはとても嬉しいコトです。

しかし、チャンネル登録者数が増えると言うことは、見ている人が増えるわけであって、リスナーがその動画に対して良く思わないこともあります。

コメントに『バカ』『すぐにチャンネルを閉鎖しろ』『生きている価値なし』と心ないコトを書き込むヒトが増えるのです。

そういったコメントを目にする機会も増え、時には脅迫まがいなことをコメントに書かれていたら身に危険を感じてしまうことも少なくないのです。

単に興味でYouTubeに動画をあげただけなのに、気がついたらそこそこの登録者数もいるとなると『ユーチューバー』になってしまうので、時には苦しくなってしまうことも少なくありません。

顔出しをしてしまっただけに、通学中に声をかけられたりサインを求められたりすることもあります。

そのためプライバシーがなくなってしまうのも『ユーチューバー』なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です