子宮内膜症を乗り越えて嬉しい妊娠報告

女性にとって月経は身体のサイクルや体調、妊娠などを整えるためには欠かすコトができないものなのではあるが、多くの女性にとって悩みの種でもある。

月経痛と言っても軽いヒトもいれば、痛み止めを飲めば我慢できるヒトもいるし、あまりの痛みで救急車を呼んでしまう様なヒトもいる程、個人差があります。

法律でも、月経で休暇をとっていいことにはなっているが、男性や周りの女性からの理解が少ないため、それを理由に休暇を取る女性は少ない。

しかも、月経痛がヒドいヒトの中には子宮の病気や子宮内膜症などを抱えているケースも少なくない。

「あやや」で一大ブームを巻き起こしていた松浦亜弥さんも子宮内膜症で悩んでいる女性の1人です。

子宮内膜症は検査などで発見することができても、治療が難しい病気のひとつです。

子宮内膜症で月経痛がヒドいヒトの大半が、子宮内膜症がない月経痛との痛みがスゴく差があると言うが、なかなか分からないコトではある。

あまりにも痛みがヒドすぎて産婦人科や婦人科で検査をしたけど子宮に異常がなかったという女性もいます。

また検査した数年前は異常がなかったのに、たまたま調子が悪くて検査をしたら子宮内膜症になっていた、というケースも意外に多いのである。

さらに子宮内膜症は子供が欲しいと思っている女性にとっては過酷な病気である。

なぜなら妊娠が難しく、妊娠しても流産しやすい状態となっているからです。

子宮内膜症のために子供が欲しいと願っていても子供ができず、不妊治療を受けたり体外受精など他の治療法をしているヒトも少なくない。

日本では結婚しているのにも関わらず子供を持たない女性に対して、子供は考えていないの?早く孫の顔を見せてあげなよ、と妊娠をちらつかせる言葉をかけるヒトがとても多い。

しかも、子宮内膜症があったりすると孫を期待している義理親から冷たい一言を言われてしまうこともある。

今回の松浦亜弥さんの妊娠のニュースは、そんな女性にとって心強いものとなったに違いない。

妊娠することで子宮内膜症の症状はかなり改善されるので、出産後も体調が良くなるケースも多い。

中には妊娠がきっかけで子宮内膜症が治ったという例もある。

子宮内膜症だからと言って妊娠を諦めないことも大事ではあるが、それを支える夫側の理解や思いやりがいちばんの薬と言えるのではないだろうか。