明石家さんま氏、ビートたけし氏に引退迫る

タレントとして活躍しているのが明石家さんまさんです。
また、ビートたけしさんも司会業などで活躍するタレントです。
おふたりともテレビで見かけない日はない有名人です。
互いに長く芸能界にいるので、彼らの存在を知らない人はいないはずです。
先頃出演した新番組で、さんまさんはある事を話しています。
どういったことを語ったのか、気になる方もいるかと思います。
今回は、さんまさんとたけしさんについてお伝えしていきます。

明石家さんまさんとは

杉本高文さんこと明石家さんまさんは、奈良県出身のタレントです。
元は落語家を目指して「笑福亭さんま」としてデビューしたそうです。
その後お笑いタレントに転向し俳優としてもドラマに出演しています。
かつてはビートたけしさんと共に「オレたちひょうきん族」に出ていました。
この番組では多数のお笑いタレント達が共演し今でも活躍されている方もいます。
さんまさんは独特な口調と笑い方が特徴で、長年芸能界で活躍されている方です。
彼が司会を務めている番組や、ドラマを観たことのある方もおられるかと思います。
最近では調味料のTVコマーシャルにも出ています。
元妻で女優の大竹しのぶさんや娘のIMALUさんも芸能界におられます。

ビートたけしさんとは

北野武さんことビートたけしさんは、お笑いタレント・司会者として活躍されています。
元はツービートという漫才師としてビートきよしさんとともに活躍されていました。
様々な漫才師が登場し一大漫才ブームとなるほどの人気の時代があったのです。
また、映画監督・俳優としてもとても有名な方です。
タモリさん、明石家さんまさんとともに日本のお笑いBIG3と称されています。
以前に明石家さんまさんと共にバラエティ番組の「オレたちひょうきん族」に出ていました。
今も司会をされている番組が数多くあるので、毎回観ているという方もおられるかと思います。
過去には大きなニュースになるほどのバイク事故による大怪我をしたこともありました。

番組内のインタビューで

今月15日に始まったTBS系列の「1番だけが知っている」という番組に、明石家さんまさんが出演しました。
1時間に及ぶインタービューで、ビートたけしさんに引退を勧めていた事を語ったのです。
始まったばかりの番組ですので、ご覧になったという方も多くおられるのではないかと思います。
ビートたけしさんは、以前同じ番組の特番に出たときに次のような質問を受けました。
「同じ仕事に携わる人達のうち、唯一人この人だけに負けたと感じたのは誰か」といったものです。
その際「テレビという時代の中では明石家さんまの存在にショックを受けた」と答えていました。
たけしさんを驚かせるほどさんまさんの活躍する姿は凄かったのだと言えます。
家族でテレビ

たけしさんのコメントを受けて

ビートたけしさんの話しているVTRの様子を見ていた明石家さんまさんは感慨深げでした。
「彼からこんな風に言ってもらえただけでも自分の芸能界生活が成り立つ」と感激したのです。
同様の質問を受けたさんまさんはこう答えました。
「後ろを向いて「お前が1番」と言っているだけ。彼の背中を見て今日も来てるんです」
お互いの事を天才だと認め、長年テレビ界を引っ張ってきました。
しかしさんまさんは「こんなに長く2人がテレビ出演しているのはおかしい」と思っていたそうです。
「以前彼に芸能界を辞めた方がいいのではと言った」と告げたのです。
ですが、「上の人物が抜けないとだめですから」という勧告への返事は「やなこったい」でした。
ライブ

まとめ

ビートたけしさんも明石家さんまさんも、知らない人はいないほどの有名な芸能人です。
若い頃から現在まで芸能界に君臨し、多彩な活躍をしながら引っ張ってきています。
しかし、さんまさんが2人が長く芸能界にいる事を疑問に思っていたのは意外でした。
さんまさんの引退勧告に対するたけしさんの答え方も彼らしいなと感じます。
これからも彼らの人気は衰える事なく続いていくはずです。
ファンの方もずっと応援していくと思います。