高倉健さんの最期

2014年11月下旬、ある1人の悲報が日本中を駆け巡り、日本だけでなく世界中の人々がそのヒトの悲報にショックを受けた。

悲報を知った日本人の中には、ショックのあまり涙を浮かばせているヒトもいた。

そんな多くの人々から愛され、改めてその人の偉大さを教えてくれたのは、俳優の高倉健(たかくらけん)さんです。

高倉健さんと言えば、日本ではトップ俳優のひとりでもあり、寡黙と甘いフェイスで多くの女性から支持を集めており、特に50代以上の女性の大半が高倉健さんに対して好印象を持っている。

高倉健さんと言えば、今は倒産してしまった北海道夕張市で撮影を行った「幸福の黄色いハンカチ」や「鉄道員(ぽっぽや)」「南極物語」などで、素晴らしい演技を披露して来た。

高倉健さんの周囲にいるヒトや関係者からは、常に自分よりも他人に対して気を使っている人間として愛されるヒトだった、と語られている。

他人に対する気遣いや優しさは日本人だけでなく、海外の役者に対しても同じである。

高倉健さんの作品に携わった海外の役者や関係者も、高倉健さんの悲報をとても悲しみ、素晴らしい人間をまた1人失ってしまった、というコメントを出している。

高倉健を本名と思っているヒトも多いかもしれないが、高倉健とは芸名であり、本名ではない。

高倉健さんの演技は、誰もが認めている素晴らしいものであり、今までに数々の賞を受賞してきた。

2006年には、文化勲章も授章していて、皇后両陛下が主催する文化功労者が招かれるお茶会にも出席している。

正に、日本が誇れる俳優のひとりなのである。

高倉健さんの悲報が世界中を駆け巡ったあと、日本だけでなく世界中の様々な人々が高倉健さんに対して追悼のコメントを発表している。

その世界の中には、日本とギクシャクしている中国からも哀悼の意が出されている。

高倉健という俳優は、日本人だけでなく世界中の人々から愛され、人種に関係なく人間性を高く評価されていることが伺える。

2013年に日本政府が授与する文化勲章を受賞する際に、高倉健さんは「日本人に生まれて良かった。日本に生まれて良かった。」とコメントを発表している。

次回作の話しが来ていた中での死だが、高倉健さんにとって後悔のない素晴らしい人生を歩んだと言っても過言ではないかもしれない。

最後に、高倉健さんのご冥福を心より申し上げます。