平昌オリンピックに出場が決定した羽生結弦選手

日本のフィギュアスケートを背負っている選手と言えば、今は羽生結弦

(はにゅうゆづる)選手です。

羽生結弦選手は今までの日本男子のフィギュアスケート選手が成し遂げることができなかった記録を次々と打ち出し、世界新記録の点数も出しています。

日本でも多くのファンがいますが、海外でも多くのファンがいる羽生結弦選手ですが、NHK杯の公式練習中に4回転ルッツの時に転倒してしまい、右足首を負傷しました。

そのため2018年に開催される平昌オリンピックの出場が心配されていました。

その理由は、平昌オリンピックは2017年に開催された全日本フィギャア選手権での成績で出場選手が決るからです。

しかし羽生結弦選手は今までの成績を考慮して、全日本フィギュア選手権に出場しなくても平昌オリンピックの選手に選ばれました。

平昌オリンピックの日本の出場枠は男子が3枠で、女子が2枠という今までにない多さの出場枠です。

出場枠が多ければ、それだけメダルを獲得するのに有利になるだけでなく、男子は1位、2位、3位という日本人選手が表彰台を独占することができる可能性も秘めているからです。

ここ数年で日本人のフィギュアスケート選手は、大きく活躍をして金メダルを獲得しているのです。

そういった流れは今までになかったので、このまま勢いに乗って更なる活躍をしたいのが日本人のフィギュアスケート選手です。

特に女子は、オリンピック経験者がいないために不安と言えば不安ではあります。

それに比べて男子は羽生結弦選手はオリンピック経験者で表彰台の経験もある人材なこともあるので、羽生結弦選手には大きな期待とプレッシャーがかかっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です